ビジネスシーンで利用する電報

電報は、電話が復旧していない時代に、郵便の信書よりも早く送れる手段として利用されていたみたいです。そのため、昔は、メッセージの文字数によって料金が決まっていたようで、あまり高くならないように、「家に早く帰ってきて」みたいな短いメッセージが基本でした。そのため、今でもメッセージ料金がかかるお店は、文字数の長さによって料金が高くなるのですが、結構、高いです。

今、ビジネスでは、電報を利用する機会が多いです。例えば、弔電の場合は、電話で連絡するよりも一般的です。会社の場合は、参列する場合も、欠席する場合も、弔電は送ったほうがいいと言われています。

つまり、個人の場合は、電報はあまり利用する機会はないですが、ビジネスでは利用するシーンが意外と多いみたいです。

もちろん、送らなくてもいいのですが、しっかり、電報を送ることで相手に与える印象が異なります。

そのため、就任・栄転、お取引先の祝賀行事などお祝い事なので、電報を送ってしっかり信頼関係を深めるといいみたいです。

個人の場合も、今、電報を送る方って少ないと思いますので、誕生日などに送ると、他の方が送っていない分、印象に残るでしょう。電報の種類が増え、誕生日にピッタリの電報もありますので

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ