祝電、弔電の電報なら、メッセージ料金無料のお店がおススメ

電報は、昔からあるサービスで、国内ではNTT、海外ではKDDなどの会社がサービスをしていたようです。今の電報は、台紙などに料金がかかっているが、昔から、メッセージの文字数ごとに料金がかかっていたため、昔から電報のサービスをしている会社は今でも、メッセージ料金が別途かかるようです。

しかも、結構、メッセージ料金が高く、51文字以上だとメッセージ料金だけで1000円以上かかるため、メッセージを長く書く場合は、メッセージ料金だけで数千円になってしまうので、メッセージを長く書く予定の方は、メッセージ料金が無料のお店を選ぶといいでしょう。

ここ最近の電報のお店は、ほとんどメッセージ料金が無料で、ほとんどのお店はメッセージ料金無料でしょう。

ほとんどの電報 お悔みのお店で、祝電、弔電、シーンごとに文例を用意してあるので、文例を利用してメッセージを作ると簡単です。

台紙、ぬいぐるみ、バルーン、カタログギフトなど、電報の種類も豊富なので、特に祝電の場合は、どの電報を送るか迷うかもしれません。いいお店では、シーンごとにランキングも用意されているのでランキングを参考に電報を選ぶといいでしょう。

複数の電報のお店を見て、電報を選びやすい、文例も用意してある、お届も間に合う、などの観点でお店と電報を選ぶといいでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ